ダニエル・オートゥイユ主演『ベル・エポックでもう一度』6/12公開決定&夫婦円満のヒントが詰まった予告編が解禁!

第72回カンヌ国際映画祭正式出品作品、ダニエル・オートゥイユ主演最新作『ベル・エポックでもう一度』が6月12日(土)より、シネスイッチ銀座ほかにて公開されることが決定した。

2019年のカンヌ国際映画祭で上映されるや、「甘くて独創的なリチャード・カーティスのような、観客を楽しませるロマンチック・コメディーだ。」(Screen Daily誌)と評され、国内最高峰の賞となるセザール賞3部門受賞&8部門ノミネートも果たした本作。

監督・脚本・音楽は、『タイピスト!』などに俳優として出演し、本作が監督2作目となるニコラ・ブドス。主人公のヴィクトルには、長きにわたってフランス映画界のトップに立ち続けるダニエル・オートゥイユ。妻のマリアンヌには、国民的大女優ファニー・アルダン。フランス映画界の至宝と称えられる二人の共演が実現した。

解禁となった予告篇は、職を失い妻に疎まれ、最新のデジタル機器にも対応できず、時代にも取り残されてしまった元売れっ子イラストレーターのヴィクトル(ダニエル・オートゥイユ)が、息子から“あるプレゼント”を受け取るシーンから始まる。そのプレゼントは、戻りたい時代を完璧に再現してくれるという、体験型のエンターテインメントサービス<タイムトラベルサービス>だった。

戻りたい時代についてヴィクトルは、「1974年。運命の女性に出逢った日だ」と、妻を目の前にして平然と答える。そして、映画撮影セットに登場した1974年のフランス・リヨンの街並み。廃業したはずのホテルやカフェが完璧に再現され、「まるで本物のようだ」と驚くヴィクトル。運命の女性と“あの日のあの場所”で再会を果たし、「出逢った日、君は落ち込んでた」と当時を振り返りながら、大切な過去を再体験していく様子が映し出されていく。

全財産を注ぎ込んで延長を希望するほどサービスに夢中になり、「毎日が楽しい」とまるで生まれ変わったかのように生き生きとしていくヴィクトルに対して、「一体何が起きてる?」と予定とは違う流れに困惑するサービス業者。再現された過去と変化していく現代で様々な思いが交錯し、順調だったはずの体験サービスは思いもよらない方向に進んでいく―。

このサービスが迎えるエンディングが気になるだけでなく、レトロなセットや70’sファッションの再現度にも期待が膨らむ予告篇となっている。さらに、運命の女性に妻の姿を重ねるシーンや、「妻のおかげで生きてこれた」というセリフから察するに、よい夫婦関係を築くヒントがありそうな作品だ。

ストーリー
職を失い妻にも見放された、元売れっ子イラストレーターのヴィクトル。ある日、映画撮影セットに過去を再現する、体験型エンターテイメントサービス〈タイムトラベルサービス〉をプレゼントされた彼は、「1974年5月16日のリヨン」の再現をリクエストする。完璧に蘇った”あの日のあの場所“で〈運命の女性〉と再会した彼は、輝かしき日々の再体験に夢中になり、延長のために妻に内緒で全財産を注ぎ込んでしまう。しかし、そんな彼を思いがけない出来事が待ち受けていた―

作品タイトル:『ベル・エポックでもう一度』
出演:ダニエル・オートゥイユ、ギョーム・カネ、ドリア・ティリエ、ファニー・アルダン、ピエール・アルディティ、ドゥニ・ポダリデス
監督・脚本・音楽:ニコラ・ブドス
2019年|フランス|カラー|シネスコ|DCP|5.1ch|115分|字幕翻訳:横井和子|原題:LA BELLE EPOQUE|R15|
配給:キノフィルムズ 
提供:木下グループ

公式サイト:https://www.lbe-movie.jp
コピーライト:(c)2019-LES FILMS DU KIOSQUE-PATHE FILMS-ORANGE STUDIO-FRANCE 2 CINEMA-HUGAR PROD-FILS-UMEDIA

6月12日(土)、シネスイッチ銀座ほか公開

↑上に戻る