キャスト陣全員マスク着用で出演?!『リトル・ジョー』メイキング画像解禁!マスク着用でお得に鑑賞”マスク割”も実施決定

リトル・ジョー

昨年、第72回カンヌ国際映画祭でエミリー・ビーチャムが女優賞を獲得した映画『リトル・ジョー』が、7月17日(金)よりアップリンク吉祥寺他全国順次ロードショーとなる。この度、本作のメイキング画像が到着した。

「幸せになる香り」を放つ新種の植物リトル・ジョーを開発した研究者のアリスは、息子のジョーと暮らすシングルマザー。ワーカホリックでもある彼女は、きちんとジョーと向き合えていないことに小さな罪悪感を抱きつつ、日々研究に取り組んでいる。ジョーへの贈り物として、彼女にとってもう1人の息子であるリトル・ジョーを一鉢自宅に持ち帰る。しかし、花の香りを嗅いだジョーが奇妙な行動をとるようになり、またリトル・ジョーの花粉を吸い込んだアリスの助手クリスもいつもとは違う様子を見せ始める。姿形は変わらないにも関わらず、何かが少しずつおかしくなっていくその違和感は、果たしてこの植物がもたらしたものなのか…。

本作は“リトル・ジョー”が放つ蠱惑的な美しさと、おとぎ話のような耽美な世界観でカンヌ国際映画祭を震撼させたボタニカルスリラーだ。

この度到着した画像の中には、主演のエミリー・ビーチャムをはじめ、研究所の助手クリス役を演じたベン・ウィショーや、その同僚リック役を演じたフェニックス・ブロサールのマスク姿が。一見、コロナウイルスに対する感染予防かと思われるが、これは本作の内容によるもので、人を幸せにする新種の植物リトル・ジョーを開発する施設で撮影合間に撮られたもの。実際、本編では登場人物たちが全員マスクを着用しているシーンが見られる。

リトル・ジョー

リトル・ジョー

撮影が行われたのは2019年でコロナが流行する前だったが、この偶然に関して本作を手掛けたジェシカ・ハウスナー監督「驚きました。事務所には撮影に使ったマスクが大量にストックされているので、今とても重宝しています。」と話し、奇妙な偶然に驚きを見せるのと同時に元気に過ごしている事を報告してくれた。

そして今回、登場人物たちが全員マスクを付け登場する事から、マスクを着用すると映画を割引料金で鑑賞できる“マスク割”の実施も決定。本作が真紅の花をはじめ緑、オレンジ等ビビッドな色を基調としている事から、色付きor花柄のマスクが対象となる。

現在、映画館では来場者にマスク着用を呼びかけ、3密を避けた対策を講じながら営業しているが、安全かつ手軽な気持ちで映画を楽しむきっかけになれば、という事から実施が決定したという。
ぜひ「マスク割」を利用して本作を鑑賞してみては。

 

「マスク割」詳細

【料金】
一般料金アップリンク1,900円、シネ・リーブル梅田1,800円のところ1,300円

【割引対象】
色付きor花柄のマスク着用時(グレーや黒等も対象とする。白地は対象外。)

【期間】
上映終了まで

【実施劇場】
アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺、シネ・リーブル梅田、アップリンク京都

※窓口購入者のみ(オンライン、券売機での購入は対象外)

第72回カンヌ国際映画祭でエミリー・ビーチャムが女優賞を獲得した、
新種の植物“リトル・ジョー”が齎す多幸感に周囲の人々が囚われていく
新感覚ボタニカル・スリラー!

本作は、「奇跡の水が湧き出る地」として知られるルルドを舞台にしたサスペンスドラマ『ルルドの泉で』でヴェネチア国際映画祭国際批評家連盟賞を受賞した気鋭女性監督ジェシカ・ハウスナーの最新作。主演は、カンヌ国際映画祭主演女優賞に輝いたエミリー・ビーチャム。カンヌでの受賞後、ディズニー製作『101匹わんちゃん』の悪役クルエラを主人公とした新作『Curuella(原題)』への出演も決定し、いま最も世界的に脚光を浴びている女優の1人といえる。共演には、『007』シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』出演のベン・ウィショー。音楽は、日本人作曲家、故・伊藤貞司。尺八や和太鼓、琴など和楽器の音色で創り出される、危うく儚い旋律も必聴。
不気味なほどに美しい真紅の花、リトル・ジョーの齎す幸せに、あなたもきっと魅了され、堕ちていく―。

ストーリー
新種の植物開発に取り組む研究者のアリス(エミリー・ビーチャム)は、息子のジョー(キット・コナー)と暮らすシングルマザー。彼女は、ある特殊な効果を持つ美しい真紅の花の開発に成功した。その花は、ある一定の条件を守ると、持ち主に“幸福をもたらす”という。会社の規定を犯し、アリスは息子への贈り物として花を一鉢自宅に持ち帰り、“リトル・ジョー”と命名する。花が成長するにつれ、息子が奇妙な行動をとり始める。アリスの助手、クリス(ベン・ウィショー)もリトル・ジョーの花粉を吸い込み、様子がいつもと違う。何かが少しずつおかしくなっていくその違和感は、果たしてこの植物がもたらしたものなのか…。

リトル・ジョー作品タイトル:『リトル・ジョー』
出演:エミリー・ビーチャム、ベン・ウィショー、ケリー・フォックス、キット・コナー 他
監督:ジェシカ・ハウスナー『ルルドの泉で』
2019/オーストリア・イギリス・ドイツ/105分/カラー/ビスタ/5.1ch/英語/原題:Little Joe/日本語字幕:金関 いな
配給:ツイン

公式サイト:littlejoe.jp
公式Facebook:@littlejoe0619
ツイン公式Twitter:@movietwin2
コピーライト:(C) COOP99 FILMPRODUKTION GMBH / LITTLE JOE PRODUCTIONS LTD / ESSENTIAL FILMPRODUKTION GMBH / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THE BRITISH FILM INSTITUTE 2019

7/17(金)アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショー

 

関連記事:
映画『リトル・ジョー』本編解禁!いとうせいこう氏「植物に人間が操られているのはすべての園芸家の実感」 ―7/17公開
『リトル・ジョー』公開は7月17日(金)に延期 ―第72回カンヌ国際映画祭女優賞(エミリー・ビーチャム)受賞作
『リトル・ジョー』エイプリルフール限定公式サイトでベン・ウィショーが妖精に!胸キュンのボタニカルファンタジー公開!?
『リトル・ジョー』場面写真到着!新種の植物“リトル・ジョー”がもたらす“ゾッとする幸せ”― 震撼のボタニカルスリラー
映画『リトル・ジョー』繁殖のために人を支配!?怪しくも美しい予告編解禁&ポスタービジュアル解禁! ―6/19(金)公開
エミリー・ビーチャム主演『リトル・ジョー』カンヌを静かに震撼させた、怪しくも美しきボタニカルスリラー 6/19(金)公開

↑上に戻る