映画『おらおらでひとりいぐも』予告編解禁!ちょっと変わったひとり暮らしのはじまり― 桃子さん(田中裕子)が歌声も披露

おらおらでひとりいぐも

芥川賞&文藝賞をW受賞した若竹千佐子のベストセラーを沖田修一監督が待望の映画化!『おらおらでひとりいぐも』の公開日が11月6日(金)に決定した。あわせて、本作の予告編が解禁された。

75歳でひとり暮らしをしている主人公“桃子さん”役には映画『いつか読書する日』以来15年ぶりに映画主演を務める田中裕子。世代を超えて熱烈なファンを持ち、長きにわたって第一線で活躍する田中が、古代生物に夢中な主人公・桃子さんを魅力的に演じる。そして桃子さんの「娘の時代」「妻の時代」を蒼井優が二人一役で務める。

メガホンをとるのは『南極料理人』『キツツキと雨』『横道世之介』『滝を見にいく』『モヒカン故郷に帰る』『モリのいる場所』などを手掛け、数々の国内外の映画賞を受賞し、ユーモア溢れる演出で沢山の愛おしいおじさん、おばさん、おじいさん、おばあさんを描いてきた沖田修一監督

東出昌大濱田岳青木崇高宮藤官九郎ら豪華俳優陣も集結し、可憐でたくましい桃子さんの日常を描く。

「ひとりだけれど、ひとりじゃない。」桃子さんが辿り着いた賑やかな孤独とは――?本作は、75歳・桃子さんの、あたらしい”進化”の物語だ。

「どうすっぺこの先―。」突然夫に先立たれ、ひとり退屈な毎日がずっと続くと思っていた桃子さん。彼女の前に突然現れたのは桃子さんと同じ服装の3人組。「おらだばおめだ」と東北弁を話す彼らは桃子さんの心の声を具現化した“寂しさ”たち。75歳で新しい世界を見つけた桃子さんのちょっと変わったひとり暮らしが始まる。

沖田監督が初めて作詞に挑戦し、ハナレグミが深く温かい声で歌う「賑やかな日々」の中、お茶をすすり、病院や図書館に行き、一人でごはんを食べる桃子さん―そんな日常に突如溢れだすのは、若かりし日の思い出とユニークで軽やかな桃子さんの時間。

そして、子どもも巣立ち、これから夫婦でまた暮らそうという時に逝ってしまった最愛の夫・周造に対する想いを吐露する桃子さんの歌唱シーンは必見。

『おらおらでひとりいぐも』は「私は私らしく一人で生きていく」という意味。桃子さんが伝える、“私らしい生き方”とは?
新しい日常を生きる今、不安や寂しさを受け入れて、力強く歩みを進める桃子さんの姿が優しく響く。

ひとり暮らしの桃子さんの日常を彩る食卓を手掛けたのはフードスタイリスト・飯島奈美(『かもめ食堂』『深夜食堂』)。桃子さんの圧倒的に自由なイマジネーションを四宮義俊(美術家・日本画家。『君の名は。』16/新海誠監督 回想パート、『この世界の片隅に』16/片渕須直監督 劇中水彩画)がアニメーションで、オダイッセイ(『横道世之介』『関ヶ原』)がVFXで活写。本作にしかない個性豊かな世界を彩る。

ストーリー
昭和、平成、令和をたくましく生きてきた“桃子さん”がパワフルに日々をかけぬける!
75歳、ひとり暮らしの“桃子さん”。突然夫に先立たれ、ひとり孤独な日々を送ることに…しかし、毎日本を読みあさり46億年の歴史に関するノートを作るうちに、万事に対してその意味を探求するようになる。すると、桃子さんの“心の声=寂しさたち”が音楽に乗せて、内から外へと沸き上がってきた!その日から桃子さんの生活は賑やかな毎日へと変わっていく――。

おらおらでひとりいぐも作品タイトル:『おらおらでひとりいぐも』
出演:田中裕子
蒼井 優 東出昌大/濱田 岳 青木崇高 宮藤官九郎
田畑智子 黒田大輔 山中 崇 岡山天音 三浦透子/六角精児 大方斐紗子 鷲尾真知子
原作:若竹千佐子「おらおらでひとりいぐも」(河出文庫)
監督・脚本:沖田修一
音楽:鈴木正人
主題歌:ハナレグミ「賑やかな日々」(スピードスターレコーズ)
撮影:近藤龍人
照明:藤井勇
美術:安宅紀史
録音:矢野正人(JSA)
編集:佐藤崇
製作:『おらおらでひとりいぐも』製作委員会
配給:アスミック・エース

公式サイト:http://oraora-movie.asmik-ace.co.jp/
公式Twitter:@oraora_movie
公式Facebook:@oraora.movie
コピーライト:(C) 2020 「おらおらでひとりいぐも」製作委員会

11月6日(金)公開!

 

関連記事:
田中裕子主演『おらおらでひとりいぐも』ハナレグミの新曲「賑やかな日々」が主題歌に決定!作詞は沖田修一監督
田中裕子主演『おらおらでひとりいぐも』ビジュアル解禁!追加キャストに東出昌大、濱田岳、青木崇高、宮藤官九郎ら
芥川賞&文藝賞W受賞作『おらおらでひとりいぐも』沖田修一監督で映画化!田中裕子15年ぶり映画主演&蒼井優と二人一役

↑上に戻る