【タキ】:暑いなかで……

……暑いですね。今季はこれまでとは別次元の暑さだとあちこちから聞こえてきますが、まさにその通りだと感じます。どなたさまも、熱中症に限らず体調に気を付けてお過ごしください。

さて、先日タキの方向オンチなネタを書いたのですが……
この暑さのなか、「道に迷う」で思い出したことがあります。タキ実父のことです。

定年後。母と一緒に山歩きに出たり、まだパートに出ていた母の送り迎え運転などをして過ごしていた父。70台前半の夏に入院し、そのまま8年ほど家に帰ることはありませんでした。後日、入院前後の様子を母から聞かされたのですが……

ある時、母を迎えに来た帰りに、毎日通る同じ道なのに突然行き先が分からなくなった。数日おかしかったけれど、すぐいつも通りになった、と。

それから2週間ほど後、夕方母が買い物から帰ると、父が庭で足を投げ出し腰を下ろしており「水をまいていたら左足が動かなくなった」

脳血栓による脳梗塞(右脳側)でした。そして脳血管性認知症に。

入院に至る前の「毎日通る道が分からなくなった」という症状。介護業界でそれなりの知識を得られたいまならすぐにピンとくる、明らかな脳梗塞の前兆。いまなら「とにかくすぐ脳外でCT撮ってもらえ!」と強く言えるのですが……当時はそんなささやかな知識も無く、またちょっとした日常の気付きを共有できるほど実家と連絡をとりあってもいませんでした。

この暑さ……体調観察の大切さは十分周知されていると思われますが、もし身近で「唐突にありえない迷いかた(物忘れ)」が見られたら……脳梗塞が潜んでいる可能性もあり得ることを、心の端に留め置いてもらえたらと思います。その気付きで、誰かが重篤な事態に陥ることを防ぐことができたら、大難を小難にできたら、これ以上の喜びはありません。

お盆を過ぎたら、いくらか過ごしやすくなることを期待しつつ……

 

 

IMG_E0872
出掛けた先で遭遇した異空間ベンチ。『で、なんだって?』とCV.大塚芳忠氏(中尾隆聖氏?)で脳内再生必至の圧倒的存在感です。世界をまたにかける「Mr.D」の隣をいただくことに気後れし、結局座らずに立ち去りました

 

 

【タキ】:新たなる出会い

タキです。うちのポポちゃん、その2(その1はこちら

DSCF2429

ガシャポンで見つけてゲット。なにを隠そうわが家のアイドル「セキセイインコのポポちゃん」は、かの掛川花鳥園「アフリカオオコノハズクのポポちゃん」から名前を頂いていたのです。

DSCF2433

ポポちゃんズ、時空を超えた邂逅。オカメインコのクーちゃんが怖がってタキ机に近寄らなくなってしまいました

 

で、まぁやっぱり……

DSCF2440

あっという間に増えた。シロフクロウ氏の目ぢから強すぎデス。

 

 

ご報告

7月20日前後の数日間、当方のpc環境の不具合があり、メールおよびメールフォームからのメッセージの受信ができていない可能性があります。

ご迷惑をおかけして、すみません。宜しくお願い申し上げます。

ab1

謹んで豪雨被害のお見舞いを申し上げます。

このたびの西日本の豪雨により被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。被災された皆さまの生活が一日も早く復旧されますように。

 

 

 

 

 

 

【タキ】:引っ越しのたびに……

痛感するコト。

タキは方向オンチです。

タキは方向オンチです。
大事なことなので2回言うくらいの自覚があります。
行きで「右」に曲がったら、帰りはそこを「左」に曲がれば良いだけの話なのですが、何故?か迷いなく「右」に行ってしまい、迷いなく迷ってしまいます。空を見て太陽がなければ「北」なのでしょうが、何故??か「南」と決めつけて進み、結果逆方向に行ってしまいます。カーナビで来た道を逆に帰れないので、往き帰りともナビ設定が欠かせません。先日近所の本屋さんに行こうとして迷って、スマホのナビを片手にさらに迷ってしまった時は、我事ながらさすがに「それってどうよ」と独りツッコミを入れてしまいました。もちろんグ○グルア○スで事前に調べていても現地でしっかり迷います。なんだろう、正常性バイアスが無意味に強くはたらく?のか、うーむ……

 
もちろん、何度も通る道はそれなりに覚えます。が、それは「正しい道順を覚える」というよりは「間違った道順を外していく」ことでルートが決まっていくカンジなので、何年かたってから「実は遠回りしていたよ」ってことも多々。方向感覚の鋭い方、一度で道順を覚えられる方には全く理解不能なことと思いますが……

ネットや書籍で様々な対処法を調べ実践してみました。太陽の位置を見る、俯瞰で地形をとらえる、建物や看板、色や音や匂いを関連づけ目印にする、等々etc。んが、ちー~~~っっとも改善の兆しなく現在に至ります。

なので「治す(改善する)」から「うまく付き合う」方向にシフト。初めての場所には、集合時間の1時間半前には着くように出発します。そしてやっぱり(よほどの小さい駅でなければ)必ず反対口に出てしまい、ぐるっと周りをまわって(そこでまた迷って)ようやく到着……うん、ある意味予定どおり。ってか非効率すぎるよ、自分! 😯

……とまぁ、なんだかんだで、けっこうそれらも楽しみつつ過ごしてはいるのですが。迷った時は、知らなかった景色、知らなかった店や品、知らなかった時間に出会えるのです。

 

 

……そしてまた迷うので同じ場所にはめったに行けませんが 😀

 

方違神社の粽祭

5月31日に堺市にある方違神社で年に一度の粽祭(ちまきまつり)という神事があるとのことで行ってきた。

粽祭は昔、神功皇后が方違の祓をされた故事により、毎年五月三十一日に行われる方違神社の例大祭で、一年間授与する粽をご神前に奉る特殊神事だそうな。

祭典の後に参拝者に授与される本粽。

菰(マコモ)の葉で埴土を包んだ粽を受ければ方位から来る災いから免れることができるとされ、この粽が転居や旅行などの悪方位を祓うものと信じられているそうだ。

IMG_8914

 

IMG_8921

写真右上が本粽。玄関先や気になる場所に飾り付けると良いとのこと。

祭典が始まる前から雨がだんだんと激しくなってきたが、それでも沢山の参拝者がいて大行列になっていた。引っ越し後に方違神社にお参りすると決めていたので、祭典の日にお参りができて大満足の一日だった

(神事の説明は方違神社のサイトより引用させていただいております。)

 

お参りした帰り道、ちょうど自分の誕生日だったので奮発して外食することに

どこで食べようかと迷いつつ、ネットの検索で見つけたお店を気に入ってそこに行ってみた

IMG_8916

あべのハルカスにある農場レストラン お日さまのえがお

IMG_8918

なんとバイキングである ここのところ体調管理もあるのでバイキングは控えていたのだが、今日は食べるぞ!

IMG_8920

下半分が私がとってきた総菜の数々(もちろん自分の分だけよ

最後の方はかなりお腹いっぱいになってしまった、、、次はもうちょっと胃腸に優しくせねばと反省関西に寄る時には、またこのお店に入りたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青梅

毎年、青梅で梅シロップを作るのを楽しみにしている。

今年は小ぶりの梅で3キロ分作った

IMG_8887

右がてんさい糖で左がきび砂糖

色味が悪いけれど、甘さは氷砂糖で作るよりもまろやかな印象。

梅シロップで作るスカッシュが大好きなので、今から出来上がるのが待ち遠しい

 

 

三叉神経痛

右目の眼痛がいよいよ酷いので病院に行ってきたら、三叉神経痛の診断を受けた。調節機能改善の点眼薬と眼精疲労に効く飲み薬で治ってきたけれど。

目を酷使してきたせいか、目の老化が他のひとより早いらしく右目は若干白内障が出てきているとのこと定期健診をきっちりしないといけないといわれた。

今年に入って70代、80代の友人から白内障の手術を受けた話を聞かされたけれど、私はそれよりもっと早く手術をうけることになりそうな予感

今週は婦人科で癌検査も受けてきたので、なんか病院ばかりの週になったけれど、とりあえず検診が終わってホッとしている。婦人科の検査結果は1週間以内に問題があれば連絡が入るらしいので、何事もないよう祈るばかりだ

IMG_8783

パセリソースのパスタとヨーグルトのブルーベリーソースがけ。眼精疲労に良いとされる食べ物を最近頑張って摂っている

 

 

 

国民年金の納付書

タキさんの年金の納付書は届いたのに、私の分が届かないので問い合わせをしたら…なんと前の住所に送られているようだとのこと

郵便局に転送届は出していたけれど、どこかで手違いがあったのかもしれない

納付書は書留で送るわけではないので、その後の追跡は難しいそうで結局再発行してもらうことになった

こちらから問い合わせせずに放置していたら、払わなかった月は「未納」扱いになるそうだ 納め忘れがあった場合も、2年前まで遡って納めることができるといわれたけれど、「未納」で障害年金がもらえなかった話を聞いたばかりだったので、なんだかヒヤっとさせられた出来事になった。

母が障害年金を受給したことで、年金は老後だけではなく、病気やケガで日常生活に障害を負ったときにも大切なものだと実感している。経済的に払えない時にもキチンと「免除申請」をして、受給資格だけは手放さないことが大切だと、今回改めて思い出させてもらった。

IMG_8738

米粉の麺で朝昼兼用のランチ。米粉の麺はモチモチしていて好きだ

 

 

 

 

 

 

老逸

IMG_8784

ここのところ東洋医学の本を乱読している。

食生活の見直しの参考に食養や漢方について知りたかったのだけれど。

思わずドキッと2度見したページがあった。それは、労働や休息の過多による病因「労逸(ろういつ)」という項目だ。

労逸は…

考え過ぎなどの精神疲労…老神過多、労働の過剰…労力過多、性行為の過剰…房事過多 からなる「老倦(ろうけん)」

運動不足や休み過ぎ…「安逸過多(あんいつかた)」に分かれるそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20代、睡眠時間が3~5時間ほどで、ほとんど机に座って描いているだけだった時期に、足の筋力が低下してなんと走れなくなったことがある。

走りたい時に足がカクカクしてスピードがまったく出なかったのだあまりのショックに毎日筋トレを始めて、その時は半年くらいかかって走れるようになった

この数年、毎日の歩数が車生活でめちゃくちゃ減っていたので、運動不足の「安逸過多」という言葉をみて、上記のエピソードが頭に浮かんだ。

「安逸過多」は、「気血や脾の働きを低下させ、食欲不振や疲労感、動悸、息切れなどを現す。」とある。

「何もしていないのに疲れている」っていうのは、「安逸過多」もあるのだろうか。

なんにせよ、労働と休息の適度なバランスが、健康に生きるためには大切なのだと本を読んで改めて考えさせられた。

5月に入ってから1日10000歩を目標に歩くようになったので、半年後を楽しみに続けたい。

(参考図書:これ一冊できちんとわかる 図解東洋医学 監修 関口善太 株式会社マイナビ発行 237ページ)